フリーコンサルタント・中小企業のコンサルタントのための案件紹介サイト人事コンサル案件なら案件サーチへ。PMO・戦略・BPR・ERPシステム導入等の優良案件多数保持。

フリーコンサルタント・中小企業のコンサルタントのための案件紹介サイト
人事コンサル案件なら案件サーチへ。PMO・戦略・BPR・ERPシステム導入等の優良案件多数保持。

フリーコンサルタント・中小企業のコンサルタントのための案件紹介サイト
人事コンサル案件なら案件サーチへ。PMO・戦略・BPR・ERPシステム導入等の優良案件多数保持。

フリーコンサルタントへの転身

フリーランス(求職者)に求められる能力を知る

フリーランス(求職者)として仕事を進める上で、必要となる能力にはどのようなものがあるのでしょうか。

01マーケティング能力

フリーランスに必要とされる能力に「マーケティング能力」があります。会社勤めの社員と違い、フリーランスの場合はクライアントから案件を任せてもらえるよう、自分自身を売り込む必要があるからです。

これまで培った技術や実績などはもちろん、得意分野において自分の付加価値をアピールし、他者との差別化を図りましょう。自分の強みを明確にすることで、競争の激しい分野においても案件獲得のチャンスが広がります。

02コミュニケーション能力

一人もしくは少人数で仕事をこなすフリーランスという働き方は、クライアントをはじめ外部と接触する機会も多くなります。そのため、どのような人とも円滑にコミュニケーションが図れる能力は、とても重要なスキルの一つと言えるでしょう。

クライアントが求めるニーズを瞬時に汲み取り、スムーズな意思疎通を図ることができれば、強い信頼関係を結ぶことも可能です。

03情報収集への意欲

ビジネス環境が目まぐるしく変化する時代だからこそ、最新の情報をキャッチし、有益かどうか見極める「情報収集力」と「情報分析力」が不可欠です。ネット検索のみの情報に固執するのではなく、イベントやセミナーを活用するなど、積極的に行動して人脈を広げ、情報を収集しましょう。

有益な情報は、雑誌やテレビ、ネットなどのメディアに限らず、何気ない会話の中に隠れている場合もありますので、常にアンテナを張って広い視野で市場の動きを察知する観察力も必要です。

04価格交渉力

クライアントにとって、フリーランスに仕事を依頼するメリットの一つが「高い技術を安く提供してくれること」にあります。だた、決して安すぎる価格で案件を受けることがあってはいけません。

きちんと自分の持つ能力について自己評価を行い、クライアントと対等な立場で仕事の対価を請求できるよう、交渉力を身につけていると安心です。

フリーランスで働く場合には、営業から経理関係の業務まで多くをこなさなければならないため、単に技術面で優れた能力を持っているだけではなく、こうした能力にも長けていることが求められます。

フリーランスとして独立または起業を検討中の方は、
下記登録ボタンよりお気軽にご相談ください。

目次

条件指定して探す