【長期案件】サクセスファクターズ人事給与システム導入支援(ベンダサイド)

・人事給与システムのリプレース(サクセスファクターズ)案件で、ベンダ側として基本設計を実施するタスクを担う。
導入スコープは、主に人事・給与・福利厚生となり、該当領域の一担当者として新システムに向けたシステム要件をパラメータ設計(EC、EC-Pay)に落とし込む作業および、追加開発(SCP、ABAP)の基本設計を担っていく。

【作業内容】
・人事/給与/福利厚生のいずれかの領域
・パラメータ設計、基本設計作成
・課題対応

グローバルSSC・システムへの給与計算業務移管のGo-Liveサポート

外資日本法人の現行人給システムのPayroll関連業務・機能を、該当グループのグローバルSSC・システムへ移管するプロジェクトの並行稼働、稼働フェーズにおける、コミュニケーション支援

【役割・ロール】
・IT(中国)のチームリードの指示のもと、日本法人メンバー(業務ユーザ)、導入ベンダー、SSCチーム(マレーシア)との協働促進
・プロジェクトチーム内の整合・調整の進捗モニタリング
・チーム間コミュニケーション支援(日英)
※対象業務領域:人事給与計算、それに伴うアプリケーション間データ連携

グローバル人事タレントシステムの導入支援

大手商社向けグローバル人事タレントシステムを導入
要件定義PHからPMOとして参画し、各グローバル拠点との調整や交渉、
要件調整を行う。。また開発PHではベンダーコントロールとPMOロールを担当し、運用定着、トレーニングPHでは計画策定とレビューまでを行う。
スタートはアジア地域から複数年にわたるプロジェクトの一連のコンサルワークについて携わる。

【ベンダサイド】サクセスファクターズ人事給与システム導入支援

・人事給与システムのリプレース(サクセスファクターズ)案件で、ベンダ側として要件定義・基本設計を実施するタスクを担う。
導入スコープは、主に人事・給与・福利厚生となる為、該当領域の一担当者として新システムに向けた要件定義・システム機能の切り分け・追加開発の基本設計を担っていく。

【作業内容】
・人事/給与/福利厚生のいずれかの領域
・要件定義書作成、基本設計作成
・課題対応

【クライアント直】人事給与システムリプレースに向けた構想検討

現行の人事全般(人給・タレマネ・申請)システムリプレースにあたり、グローバル側・ローカル側のシステム領域の切り分け・その推進を行う。

グローバル側との対応は、
<要員1>英語となるためspeaking、writeingとも英語必須となる。
<要員2>は英語能力不問。
現行は、SAPで人事給与・タレマネを行っており、ローカル対応としての範囲作成・グローバル側とのやり取りを行う。

【役割】
 ・グローバル側の調整
 ・ローカル側の移行、UAT、チェンマネ、関連システム調整

【要件定義】勤怠システム導入支援

・グローバル勤怠システムとして導入する案件において、各リード要員(インタフェースのチームリード、移行・カットオーバーマネジメントのリード、テスト統括リード)の役割を担う。

【作業内容】
・I/Fチームリード (1名)
・移行 及び カットオーバーマネジメントのリード (1名)
・テスト統括リード(1名)

【要件定義】人事給与システム(サクセスファクターズ)導入支援

Success Factorsによる人事領域の要件定義担当者として、人材管理、タレントマネジメントの現行業務分析、新業務フロー策定、プロトタイプ環境構築の役割を担う。

【作業内容】
・現行業務調査、分析
・ToBe業務フロー策定
・プロトタイプ環境の構築

【要件定義】人事給与システム(サクセスファクターズ)リプレース支援

・SAP HCMからサクセスファクターズへのリプレース案件で、ベンダ側として要件定義を実施するタスクを担う。
・導入スコープは、主に人事・給与・福利厚生となる為、該当領域の一担当者として新システムに向けた要件整理
・システム機能の切り分け・追加開発の要件定義を担っていく。

【作業内容】
・人事/給与/福利厚生のいずれかの領域の担当
・要件定義書作成
・課題整理

M&Aにおける人事システム統合案件

・M&Aの実施で、人事システムを買収先に併せる人事システム統合案件を行う。
・人事システムの人事・給与・勤怠の基幹システムおよび旅費・経費の人事システムを買収側のシステムに乗せ換える業務設計・システム統合案件をクライアントの立ち位置で推進する。

【ベンダサイド】サクセスファクターズグループ展開

・サクセスファクターズでの人事システムリプレースを実施している。

その導入中企業の、国内関連会社へのSFの展開をリードする要員を募集する。
タレマネ・人事給与領域における展開を実施するにあたり、要件整理・システム機能の切り分けを実施する。