人事業務BPO導入支援(採用・入社オペレーション業務設計担当)

人事オペレーション業務の効率化を目的とした人事業務BPOプロジェクトにおける、BPOベンダサイドの業務領域別(採用・入社オペレーション)の設計担当者を募集する。
※BPOベンダサイドの業務運用チームは、マニラ拠点での対応となる。

【作業内容】
・クライアントの現状業務プロセス分析(工数分析、業務フロー作成)
・BPOベンダマニラ拠点移管後のToBe業務プロセス設計(業務手順書作成)
 ※手順書作成はマニラメンバーが実施するが、クライアントヒアリングに同席し、ヒアリング結果が反映されているかをレビュー
・業務領域別課題・リスクの洗い出しとつぶしこみ

【採用・入社オペレーション担当業務】
・人材募集・選考プロセス~入社オンボーディングが対象スコープとなる予定

人事業務BPO導入支援(従業員コンタクトセンター業務設計担当)

人事オペレーション業務の効率化を目的とした人事業務BPOプロジェクトにおける、BPOベンダサイドの業務領域別(従業員コンタクトセンター)の設計担当者を募集する。
※BPOベンダサイドの業務運用チームは、マニラ拠点での対応となる。

【作業内容】
・クライアントの現状業務プロセス分析(工数分析、業務フロー作成)
・BPOベンダマニラ拠点移管後のToBe業務プロセス設計(業務手順書作成)
 ※手順書作成はマニラメンバーが実施するが、クライアントヒアリングに同席し、ヒアリング結果が反映されているかをレビュー
・業務領域別課題・リスクの洗い出しとつぶしこみ

【従業員コンタクトセンター担当業務】
・身上異動申請や育休申請等の人事関連イベントの申請・問い合わせが対象スコープ
※人事以外のIT部門や経理部門等の各種申請・問い合わせはスコープ外

【高単価】人事給与システム導入Go-Liveサポート(ユーザサイド:業務設計・運用移行サポート)

人事給与システム導入プロジェクトにおけるGo-Liveサポートとして、ユーザサイドの立場で、システム機能品質の向上および業務運用ルール整備を推進頂きます。

【プロジェクト概要】
現行システム:SAP-HCMから新システム:POSITIVEへ刷新(グループ複数社導入)するプロジェクトとなり、22年8月に本格稼働予定。(複数社は既に稼働済み)
稼働タイミングでは、給与計算等の直近で必須となる機能群に対する最低限の品質担保がされた状態での稼働となる見込みで、新システムにおける業務運用の詳細が詰められていない状況。

【役割・作業内容】
上記状況を踏まえて、業務設計・運用移行サポートとして、以下を推進。
・給与計算・税・社保関連の機能についての機能品質向上(システム機能仕様不備等の洗出し、導入ベンダーとの連携)
・システム機能の特徴・制約も踏まえた業務運用の詳細整理・業務ユーザ説明(チェンマネ含む)・マニュアル等の各種ドキュメント整備
・稼働タイミングで品質担保ができていない賞与・年末調整等の機能群のUATユーザ支援

【SF導入案件】SAP SuccessFactorsの要件定義(業務チームメンバー)

人事給与システムをSAP SuccessFactorsを用いて導入を行うにあたり、業務チームメンバーとして、業務フロー作成、システム要件定義、データ項目定義、課題管理対応を行う。

(クライアント側)給与振込PMO

支出官払化(共通人給システムと共通会計システムとの連携、連携に伴う府省業務見直し)の導入、導入後の運用についてクライアントの推進管理支援。

進捗が思わしくない府省に対して個別のプロジェクト管理を行い、府省側で発生する課題の検討支援を行う。
また、必要に応じて府省との会議の議事録作成も行う。
その他、利用者マニュアルの改訂支援(クライアントやベンダーが改訂した内容の取りまとめ)を行う。

(クライアントサイド)人事給与BPO導入支援

クライアントの人事給与業務をアウトソースするにあたり、BPOベンダが導入主導する一方で、クライアントサイドのパワー・経験が足りない為、クライアント支援を行う要員を募集する、

【作業内容】
PMO支援
 ・全体スケジュールに関するベンダー調整・アドバイス
 ・クライアント側タスク管理(要件定義・設計支援)
 ・人事・給与・勤怠業務における要件定義・設定サポート
 ・ワークショップへの参加、および仕様検討のアドバイス
 ・現行運用ベンダーへと新システムベンダーへの仕様連携サポート
 ・テスト支援
 ・ベンダー作成テスト計画および仕様書のレビュー
 ・移行支援
 ・移行データの抽出、収集、クレンジング・加工に対し、助言、レビュー
 ・業務切替に伴うタスク整理支援(ベンダー作成マニュアルのレビュー・追記含む)

業務フローおよび業務マニュアルの作成

・健保組合の業務担当者退職に伴い、業務引継ぎのための業務フローおよび業務マニュアルの作成をおこなう。
・現担当者から業務内容をヒアリングし、業務内容の整理、ドキュメント化をおこなう。
※業務概要と年間スケジュールの資料は有。
※退職時期が決まっており、期間内に効率的に進める必要がありますので、作成作業だけではなく、
 スケジュール作成や作業管理、顧客の期待値コントロールなどマネジメント作業も発生します。

人事戦略構想策定フェーズPM(人材戦略・人事機能性構築)

中長期的な経営改革の一環として、人事領域の大改革を推進する企業向けに、人材要件定義(制度改定も含まれる見込み)、人事機能再構築をメインテーマにして、人事戦略の確からしさを外部の目から検証を行い、構想を具体化するプロジェクトのPMをご担当頂きます。
※来年度以降人事制度改革・組織開発に着手していく予定

プライムファームのプロパー社員(1~2名)をメンバーとしてチームを構成し、プロジェクトをリード頂きます。

【作業内容】
・課題ヒアリング、論点整理・方針策定
・討議資料作成
・会議ファシリテーション
・チームメンバーマネジメントなど

【クライアント側】給与振込PMO

官公庁向け人事⇒会計業務の効率化(給与振り込み・会計仕訳)に伴うシステム導入PJ。
進捗が思わしくない府省に対して個別のプロジェクト管理を行い、府省側で発生する課題の検討支援等を行う。
進捗が思わしくない府省に対して個別のプロジェクト管理を行い、課題の検討支援を行う。また、必要に応じて議事録作成も行う。

人事制度変更に伴うグローバルジョブカテゴリー統一&兼務整理プロジェクト

グループ全体での人事制度の変更を予定している複数カンパニー、リージョンにまたがるジョブカテゴリを統一する。

※具体的には、IT系職種に関してジョブ型雇用制度を国内に導入するための制度整理&人事システムへのつなぎ込みのための業務整理を実施予定

また、兼務業務のアサインが発生し、複雑な運用となっているため、兼務業務に伴うルールや運用を整理をあわせて実施が必要となる。

※グループの海外法人では既にジョブ型雇用を適用しているため、ゼロベースで検討するのではなく、海外法人のジョブ型雇用制度をベストプラクティスとして、ジョブ型導入に向けて日本固有の課題整理と対応方針の検討を進める形となります。

【役割】
上記案件のマネージを担当頂きます。